★プリザーブドフラワーとは…

生花に特殊加工を施した長期間楽しめるお花です。
生花のような風合いと色の鮮やかさが特徴のデリケートなお花です。
日々のお手入れは不要で、水を使わないので衛生的です。
虫がつかなく、花粉もないのでアレルギーの心配もありません。
環境にもよりますが、上手に管理できれば、数年は楽しめます。
ただ、長期間美しさを保つための注意事項があります。

①置き場所
高温多湿、直射日光、急激に乾燥するような場所は避けて置いてください。
②水やり
生花と間違ってお水をあげてしまうと、カビ発生の原因になります。
決して水分(香水等も含む)を与えないでください。
③色移り
多湿時等に、お花が元々持っている水分と共に加工時に使用した着色料が浮き出てくる事があります。衣服などに色移りしないよう注意が必要です。
染み出た水分は、ティッシュなどで優しく拭き取ってあげてください。
④お手入れ
長期間飾っているとホコリ等が付着します。
ホコリ等を取り除く場合は、毛の柔らかい筆等を用いて花びらを傷つけないよう優しく払ってあげてください。
ドライヤーの弱風でそよ風のように優しく吹き飛ばしてあげるのも有効的です。

★ドライフラワーとは…

基本的には生花を乾燥させて作ります。
水分はほとんど抜けてしまうので、強めに触ると粉々になってしまいます。
退色してしまうので、生花のような鮮やかな色を残すことは難しいです。
環境にもよりますが、寿命は3ヶ月~半年くらいです。
アンティーク感やナチュラル感を楽しめるという特徴があります。

 

★プリザーブドフラワーとドライフラワーの違いは・・・

大きく分けて3つの違いがあります。
①作り方
②お花の状態(風合いや色合い)
③寿命

★ハーバリウムとは…

英語の『herbarium』が語源で「植物標本」という意味が含まれています。

ドライフラワーやプリザーブドフラワーを専用のオイルに浸してボトル詰めしたものです。

みずみずしさを保ったまま長期間楽しめる、観賞用の植物のことです。一般的に寿命は1年程度と言われています。

★アーティフィシャルフラワーとは…

『生花をリアルに再現して人工的に作られたもの』で、一般的に言われる『造花』とは一線を画すクオリティの高いもののことです。
花や茎、葉や枝など、それぞれをリアルに再現するために素材も様々なものが使われています。
従来の、見てすぐに造花だとわかるようなものは造花、近くで触ったりしないと区別がつかないようなものはアーティフィシャルフラワーと考えて良いでしょう。
人工的なものなので、もちろん水やりの必要もなく、枯れることもありません。
直射日光は変色の原因となるので、置く場所に注意が必要です。

Copyright © ROSE BANK All Rights Reserved.